弁護士紹介

豊浦 伸隆Toyoura Nobutaka

修習期 49期 
略歴 1995年3月 神戸大学法学部卒業
1997年4月 弁護士登録(大阪弁護士会)・協和綜合法律事務所入所
2003年3月 神戸大学法学修士(労働法)
公職、弁護士会の役職等
経営法曹会議会員
2018年~ 大阪弁護士会綱紀委員会委員
著作、講演
  • 「雇用形態にかかわらない均等・均衡処遇のための法的実務対応」(労働経済判例速報2370号)
  • 「保険金請求事件における故意等の立証責任に関する最高裁判例の系譜」(判例タイムズ№1248号62頁)
  • 中小企業における再建型の法的倒産手続におけるスポンサー選定手続の調査及び考察(共著 NBL1139号 2019年2月1日号)
  • 民事再生実践マニュアル〔第2版〕(共著 青林書院 2019年1月)
  • Q&A会社のトラブル解決の手引(共著 新日本法規)
  • 第117回経団連労働法フォーラム(2018年10月25日)
  • 日本損害保険協会 近畿支部 損害調査当務者勉強会「いわゆる当たり屋対策について」(2018年1月30日)
  • その他、多数
抱負 「現場型の行動派」を旨としています。
取扱分野または関心のある分野
  • 労働法
  • 保険法
  • 倒産法
pagetop